炭水化物 ダイエット

炭水化物を制限するダイエットって効果ある?

ダイエットを始めている方の中に炭水化物の摂取量を減らして痩せようとしている方も多いと思います。

 

ちょっとした話題になりましたよね。

 

食品の栄養分って様々なものがありますが、炭水化物というのは食品の約半分を栄養素で占めています。

 

つまり炭水化物を取らないことによって食事を低カロリーにすることが可能になるわけです。

 

低カロリーの食事にできるということはダイエットをするにあたり効率的と言えますよね。

 

人の体というのは炭水化物から糖質を作っているので、炭水化物を取らないダイエット方法を糖質オフダイエットとも呼ばれています。

 

炭水化物は血糖値と深い関係があり、脂肪というのはこの血糖値が上がることにより、余分になってしまった糖が体内に出てしまうためです。

 

血糖値というのは炭水化物を食べると上がります。なのでご飯やパンなんかは血糖値が上がる食材なんですよね。

 

この血糖値は炭水化物を摂取すると上昇しますが、時間と共に下がっていきます。

 

血糖値が下がっていくということはお腹が空くということにつながりますので、何か食べ物が欲しくなってくるわけです。

 

炭水化物を控えるダイエットをすると1回の食事量でカロリーを大幅に抑えるだけでなく、血糖値が上がりにくい状態になるのでお腹がすきづらく、1日の食事量を少なくすることができるんですね。

 

血糖値が上昇してしまうと体脂肪がたまりやすくなります。

 

つまりダイエットを行う際はこの血糖値が上がりすぎないようにしなければいけません。

 

炭水化物を控えるダイエットのメリットとして血糖値の上昇をゆるやかにすることができるため脂肪がたまりにくくなるんです。

 

でも炭水化物を控えるといっても、炭水化物っていっぱいありますよね。

 

ご飯とかパンだけじゃありませんからね。

 

パスタもあればラーメンやうどん、普段の食事で食べる物ばかりです。

 

これらの炭水化物を一切食べないというのはストレスに繋がると思いますので、食べる量を普段よりも減らすだけでもダイエットの効果は期待できましよ。